ステーブルコイン

ステーブルコインとは,仮想通貨でその価格が安定するように設計された通貨のことです。

ステーブルコインには主に3種類あり,それぞれ「法定通貨担保型」,「仮想通貨担保型」,「無担保型」があります。

 

法定通貨担保型

法定通貨担保型は,ドルや円などの法定通貨を担保としているステーブルコインです。法定通貨と常に同じ比率で交換することで,その仮想通貨の価格の安定化を目指しています。

 

仮想通貨担保型

仮想通貨担保型は,他の仮想通貨を担保として使用している仮想通貨のことです。法定通貨の場合と違って,中央集権的な組織に依存することなく,仮想通貨本来の分散型を維持できます。

 

無担保型

無担保型のステーブルコインは,法定通貨やその他の仮想通貨を担保することなく,法定通貨に連動することを目指したステーブルコインです。

仮想通貨が高騰しているときは,その通貨を発行し供給量をへらすことで価格が上がりすぎることを防ぎます。また,価格が下落しているときは,供給量をへらすことで価格を維持することができます。