ハッシュ値

ハッシュ値とは,ハッシュ関数という暗号を生成する関数を用いてデータを暗号化した後の文字列のことです。このハッシュ関数は,一方通行で一度暗号化した文字列から元の文字列を再生成することはできません。

ハッシュ値とは,文字列をハッシュ関数を使い暗号化したさいに生成される暗号である。

ハッシュ関数は「不可逆性」という特性があり,一度暗号化されたものから元の文字列に再変換することはできません。